移籍にともない、サネ率がより一層高まりました・・・。主にサネマツ、時々ラグビー、ところによってカマガヤ、な写真ブログです。


by snowcamel

4/8、9のサネ

8日は自分の体調を優先して、G+でTV観戦でした・・・。




サネは7回表の守備から登場。
投手は3番手の加登脇投手へリレー。
G+の実況がサネのリードに盛んに触れてくれるのがうれしかったなあ。
「今のは實松が2球外に投げさせたのが効いたんですね」とか、
一度サインに首を振って投げた球が大きく外れて、その後素直にサインに頷くと、
「今度は實松”先輩”のサインに従いましたね(笑)」とかね。
もちろんルーキー加登脇投手をリードした、という事実が大前提なわけですが、それでもこうして何度も名前を言ってもらったり、リードについて言及してもらえるのはうれしいです。
先発の辻内投手はコントロールはままならないものの、ストレートも変化球もド迫力。
一方の加登脇投手は球の迫力は辻内投手ほどではないけれど、どの球も力強く見えたし、何よりコントロールがいい。
インサイドワークのいいサネには、こういうコントロールのいい投手は相性がいいかも!?

先週、ジャイアンツ球場へ続く階段を登っていると、途中の休憩所に上下Gユニの男性が2人腰をおろしていました。
2軍戦に上下ユニで観戦にくるなんて、ずいぶん熱心なファンだこと。と、横目でちらちら見ながら登っていったら・・・・・・選手だった(大汗)。
Gの若手選手じゃ誰だかわからないし気まずいしで、そそくさと脇を通り抜けていったのですが、その後階段を駆け上がっていく背番号を見て、さらに名鑑を調べて、やっと誰だか判明。
背番号15と67。
辻内投手と加登脇投手でした。
(ファンが来る時間(12時頃)でも普通に階段でトレーニングしてるんですね・・・)

あの時の67番とサネがバッテリーを組んでいるのか、と、ちょっと不思議な気分。

7回裏に打席が回ってきましたが、結果はショートフライ。
ショートとセンターの間に落ちそうなあたりでしたが、陽くんが背走しながらのナイスキャッチ。
惜しかった~!


9日はジャイアンツ球場へ観戦に行きました。
が、サネの出番はなし(泣)。
そんなものか~。

まあ、久々に見た鵜久森くんはやっぱり格好良くて目の保養だったし(笑)、ファイターズが2連勝したし、いいか!
[PR]
by snowcamel | 2006-04-10 11:19 | サネ